さぁブログに挑戦だ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 気づくのか?気づかないのか?

<<   作成日時 : 2007/09/16 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ハヤシ先生が前回紹介した『教室の悪魔』に対してアツいコメントを書いてくださいました。

コメント欄にそれに対する考えを書いたら、いっぱいになりそうなので
新しい記事として書きます。

>いつもいじめの話になると、給食に異物いれられる話がでますが、
>本当に実話なんでしょうか?
>それって、ほんまに教師気付かないの?
>給食に物入れられるって、いきなりはないし、
>だいぶエスカレートした頃に起こるんじゃないかなあと思うので、
>さすがに気付くと思うのですが、どうなんでしょうか?どう思います?


給食の異物だけではなく、この本の事例で
「それ担任気づくやろ。」
的な部分はいくつかありましたが、作者が繰り返し言っているのは、
「大人が思っている以上に巧妙なんです!」
ということでした。

だからといって教師が
「いじめは見つけられないもの。」
で片付けてもかまわないというものではなく、生徒に対してはやはり
「いじめは絶対許さん!」
という態度姿勢は示さなければならないと思います。
(↑当たり前の話で、この本でもそう言っています。
ちょっと書き方が
「この本は『いじめは見つけられないものだからしゃあない』と書いてます。」
と取れなくもない書き方なので補足…)

そういう姿勢は見せつつも、見つけるのはかなり難しいものなんだ。
教師の力量だけでの問題ではないんだという考え方が必要なのかなと思いました。


これって『鬱』に対する心構えと非常に似ているように思います。

『鬱』も
「誰にでもおこるもの。いつあなたが鬱になるかもわかりません。」
と言われていますよね、それでありながら未然に防ぐことは可能で
「相談できる人に話しましょう。」
であったり
「あまり抱え込まないようにしましょう。」
であったりと未然に防ぐ方法はいくつかありますよね

『誰にでもおこるけど、防ぐ方法はないわけではない。』
と我々は思うことが大切だと思います。

あと学校現場のチームワークも左右されるかなとも思いました。
6-4-3のダブルプレーってヤツですね。

「ちょっと見てたらあの子の様子、気になるわ…」
的な情報交換を教師同士ができる環境かどうかというのも
未然に防ぐ一つの大事な要素かなとも思いました。



>これはまた違うかもしれませんが、
>相手に嫌なことされて、はらをたてる、めちゃめちゃムカつくことは分かる。
>しかし、ムカつくこととドツくことはイコールではない。それはそれで別の話。
>立派な傷害事件です。と言っています。
>腹立ったからといって道端で大人たちがそこら中で殴りあいしてるか?
>そうじゃないやろ?
>腹立って喧嘩して終わりは小学校までと言ってます。


ムカつく≠ドツく、ドツく=傷害事件
けだし名言ですね。
早速使わせていただきます。


>すっかり、内容忘れてしまってました。
>こういう風に書き留めることが、大切だなあと思いました。


ありがとうございます<m(__)m>
『記憶より記録』
は自分の中のキーワードなのですが、読んだ本の数が増えてくると
やっぱり忘れてしまいますよね。
ブログだとサクッと検索できるので、やっぱり便利やなぁ…とつくづく思います。

ある作者(←誰か忘れました)が新聞に書いていたのですが
「読んだ本は忘れるもの。読み終わった瞬間から忘れていいものである。」
とキッパリ言っていました。で
「忘れてもいいから、たくさん読まないといけない。
それを続けていくと自分の気づかないところで血となり肉となる。」
と締めくくっていました。

>若手さんが探してたので貸したまま返ってきませんが…。

貸した金返せよbyウルフルズ
ではないですが、やっぱり本は人からもらったらいかん。
とつくづく思いました。

ざっと読んでたけどもっかい読みなおしたい時とか
何かの資料として添付したい時とかって往々にしてありますよね?

借りてた本返します…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
巧妙なことはわかりますが、やっぱり給食の件は…。
デフォしてると思いますが、ドラマでの給食の場面は教師なにしてるねんと思います。あれは東京やから?給食の準備から教師いてるでしょ?
コメントにもかきましたが、あそこまでいく前にはいろいろ続いていて、エスカレートした結果だから、この時点まで気がつかないのはやっぱりふつうの教師ではないと思います。東京の教師の質を考えさせられます。
「チカン、アカン」ではないですが、「イジメ、イカン」を徹底ですね。
ハヤシライス先生
2007/09/16 08:02
これ以上は大吉にて。
ハヤシライス先生
2007/09/16 08:03
小中のちがいは、やっぱり学年担当の教師の数の多さだと思いますね。
小はなんだかんだいっても担任にかかるウェイトは計り知れないです。酷だと思います。つづく
ハヤシライス先生
2007/09/16 16:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
気づくのか?気づかないのか? さぁブログに挑戦だ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる